授業内容や講師によって学べることは変わる

ペンタブレット

ゲームの専門学校と一言で言っても、勉強できる内容や教えてくれる講師によって身につくことは大きく変わります。将来的にゲームに関連する仕事に就きたいと考えていても、仕事には様々な種類がありますし、中には学科で学べない職種もあります。大前提として、2年制や1年制ではなく3~4年制の学校を選ぶのがおすすめなのは間違いありません。CGスクールなどはとても短いものもありますが、本当に技術を身につけようとしたら時間が足りなさすぎて、就職はかなり厳しいでしょう。目指す仕事があるなら専攻やコースが豊富で、しっかり時間をかけて勉強できる環境が整っている学校を選ぶべきです。また、教えてくれる講師が業界で実績のある人であれば、もちろん理想的です。

機材が整っている学校を選ぼう

ご存じの通り、今やゲーム機材に限らずIT機器が世界中に氾濫しています。そこで受け入れられるゲームは、相応の機材がなければもはや作ることはできません。ゲームは確かにアイディア次第の部分もありますが、人の心をつかむ作品を作るためにはやはり機材は必須です。これから勉強するなら尚のこと、選ぶなら学習機材にきちんと投資をしている学校でないと学ぶ意味がありません。例えば学費がとても安いゲーム専門学校があったとして、いざ学ぼうとしても学校にあるPCのスペックが何世代も前のものでは到底何も学べません。現在ゲーム開発で必須とされるソフトウェアがインストールされていない場合も然りです。

卒業後の自分が見える学校がおすすめ

一番大切なのは、その学校を卒業した自分が、どこでどんな風に働いているかが想像できるような学校を選ぶことです。そうした意味では、インターンシップ制度でゲーム会社に勤めることができる専門学校は理想でしょう。中には採用を前提とした制度もあり、具体的に将来の働き方が見える環境は魅力です。ただ、1つのゲームを作るのにはとても長い期間がかかりますので、できればインターンシップも長期間設けられているところが良いでしょう。学校によって提携会社が異なりますので、気になる会社と提携している学校がないか探してみるのも一つの手段です。